買いものリスト

家計簿をつけると、家計のいろいろな点が見えてくるので付けた方がいいとは思うのですが、なかなか続かないですよね。それは、雑誌の付録についている家計簿や書店で買い求めたものなどいろいろとあると思うのですが、インターネットでの家計簿でも記帳できるので試してみてもいいかはもしれないですね。
しかし、自分の場合なんだか誰にでも見られているような気がして、あまり長くは続かなかったということもありますが、毎月の計算が大変に楽であった、ということから時々付けてみたりしている次第です。うまく付けることができたとすれば一年間の家計の流れを簡単に計算できてしまうので楽かもしれないですね。これが、ノートとボールペンで計算するとなれば非常に時間がかかってしまうこともありとても大変です。
それで、毎日のお買ものでも「何が必要か」あらかじめメモっておくと時間も取らせませんし、買い忘れもなくイライラしませんよ。忘れないでと覚えておくこともいいのですが、買いものにはメモ帳が便利なんですよね。時間かかかってしまうということもイヤですが、帰ってきてから「何が足りなかった」「あれを買い忘れた」ということではますますイライラが募ってしまうばかりでしょう。また、そうすることで不必要なものも買わないで済みますし、最低限度内での消費もできるということになりますのでおすすめです。
以前に主婦向けの雑誌で、1週間に食費を3000円以内に押さえるという記事がでていましたが、独り暮らしでもそれは少し無理があるのではないかと思ったことがあります。その雑誌は今はもうないようですが、なにか食費の金額を抑えれば目標達成のようなところもあったので、働き盛りのいる人やスポーツマンなどがいる家庭ではなかなかそうはいかなかったということでしょう。もし栄養的なことを考えるとすれば、まだまだ食費にもゆとりを持った対応をしなければいけないということにもなりそうなので・・・。
消費税を10%も取られることがあれば、そのお金でもっと「食」のことについて対応してくれればいいのですが・・・。家庭の中でもまた、はじめからメニューを考えなおさなければいけない時代でもあるかもしれないですね。

千葉に特化したseoサービスをご提供

イベント情報盛りだくさん!野球ゲーム、プロ野球MAX 2012

大阪の弁護士が行う債務整理

検索エンジン最適化

東京でおすすめの格安seo情報はこちらから